グローバル開発部

グローバル開発部

川口先生の写真 グローバル戦略部では海外の研究施設や研究グループとの共同研究を推進します。

部長 久留米大学医学部 内科学講座 消化器内科部門 講師
川口 巧


課長 久留米大学医学部 内科学講座 消化器内科部門
山村 咲良


川口理事が新プロジェクトに参画されました

すでにご存じの先生もおられると思いますが、
University of SydneyのGeorge教授が
脂肪肝の新規診断基準と病名について22ヶ国合同の
international expert consensus statementをJournal of Hepatologyに発表されています。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32278004

以前からGeorge教授と運動療法の共同研究を行っていた関係から、
私も本プロジェクトに加えていただきました。

主な変更点は、除外診断だったNAFLD/NASHを、脂肪肝に肥満・糖尿病・代謝異常などを合併する
MAFLDと変更し、他の肝疾患と併記可能にした点と思います
(HCV+MAFLDやALD+MAFLDなど)。

ただ、エビデンスに基づいて作成された基準ではないため、
これから検証やrevisionが重ねられ、基準は変わっていく可能性があると思います。

先日、 George教授 より各国のガイドライン委員長や主要メンバーへのアナウンス依頼を頂いたため、ご連絡させて頂いた次第です。

ご不明な点などございましたら遠慮なくご連絡ください。
今後とも宜しくお願い申し上げます。